« 福助 | トップページ | MARY QUANT »

2010年7月11日 (日)

お姫様・・・

ご無沙汰しております^^

ここ最近は別注の嵐でバタバタとしております(汗)

少し前ですが会社で「お姫様」と呼ばれてる柄を染めておりました。
この柄、型枚数32枚。小紋の柄としてはかなり重い柄です。
ボカシを入れたらプラス15枚で47枚分・・・
そのわりに量(かさ)が出ないんですよね~

なんで今更こんな柄を・・・

なんて思っていましたが

社長から引き箔の帯生地を出されまして
「フォーマルで」
「お姫様なんてどう?」

とのお言葉・・・

シャレっぽい感じのは苦にならない私もフォーマルってのはどうも苦手・・・

フォーマルっぽくなったかどうか(^^;)

同じ型を使いこってりな感じとあっさりな感じの2パターン染めてみました。

11219879_123079696_98large

11219879_123067126_51large

こちらは扇面風。バックに疋田を糊で染めました。
バックには観世水をよろけ風にピースで染め、ぼんやり浮き上がらせてみましたが・・・
写真では綺麗に写らなかったみたいです(泣)

11219879_123084955_31large

こちらは雪輪&雲取り。
こってりと柄を詰め込みました^^
雲の中にボカシをいれ、他の雪輪の中には疋田の糊置き、そして「乱れ蜀江」と「菊流水」の柄を防染糊で置き上品な色で堰き出しをいたしました。

引き箔のよさを潰さずなかなかよい出来だったと思います・・・

・・・が

フォーマルっぽくなってるのでしょうか(汗)

この柄の大変なとこは型枚数もありますが、髪の毛・・・
11219879_123063261_68large

摺りなんですが、ベタで2枚、髪の毛で5枚分型があり、5枚摺り合わせて写真のような状態になります。
この作業が結構大変で・・・

さすがに着尺でやるのは大変です。
着ている着物も全部ボカシしていたら相当キツイ作業ですね・・・
以前紹介した祇園祭の柄より遥かに重いし・・・

どおりでなかなか使われないわけだと思いました(笑)

|

« 福助 | トップページ | MARY QUANT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福助 | トップページ | MARY QUANT »