« 小薔薇 | トップページ | 相変わらずですが・・・ »

2009年1月13日 (火)

成人式・・・でしたね。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

2ヶ月も更新せず放置してましたね・・・
反省です(>_<)

最近は生地、柄を選んだりすることも増えてはいますが、今までと変わらない柄を染めることが多く際立って書く事もありません(^^ゞ

ですが決して暇ってわけではなくちゃんと仕事してますよ♪

成人式。

振袖を着た女性を見かけました。
和装ってやはりいいものですね!

今年は着物業界にとって激動の年になると思います。
今年の後半までは景気の回復も見込めないと思うし、持ちこたえられる業界関係の会社がどれだけあるだろうか・・・

現に蒸し屋(兼、しごき屋)は6月に廃業すると言っています。

本当に困ったものです・・・

|

« 小薔薇 | トップページ | 相変わらずですが・・・ »

コメント

世の中、不景気でどこも大変ですよね。
着物はやはりどうしてもお値段するので、景気には大きく左右される産業のひとつなんでしょうね。。着物産業もなんとか持ちこたえて欲しいと思いながら、もう何年。。これもやっておられる人々の思いでもってるようなものなのかもしれません。
海外に住んでいますが、日本人は洋装してもやはり現地の人のように華やかにはなりませんが、和装だとほんとに華があります。
もっとそのことに日本人が目を向けてくれたらなぁとほんと思います。
がんばってくださいね!!

投稿: けいこ | 2009年2月 2日 (月) 23時15分

>けいこさん
ありがとうございます♪
本当に景気悪いですよね・・・
今は売り場に来るお客様は相当少ないみたいです。
ましてや正絹や手で染められたものはどうしても高額になるので、このご時勢なかなか売れないみたいです。
着物が嫌いという方は少ないと思いますが、やはり着付けとか、着て行く場所がないとか・・・
でもこれだけ廃れた原因を作ったのはこの業界の人間なのかもしれません(>_<)

投稿: くるりん。 | 2009年2月 3日 (火) 20時58分

そんなに目に見えてお客さんが減ってるんですね。。なんとか頑張って欲しいです。
私は今日は草履をインターネットで見ていました。ですが、インターネットショップでもなかなか海外まで送ってくれるお店が少なくて。
ほんとは手にとって見るに越したことはないのですが、それができないのでインターネットショップは本当にありがたい存在なのですが、
日本を出ると呉服屋さんはないし、日本の呉服屋さんは海外発送までしてくれないしでなかなか辛いところです。
海外に出ると異常に日本のもの良さがわかってすごく欲しくなるので、海外在住の日本人の奥様方は和服もすごく欲してると思いますよ。
そういう人もいると思って頑張って元気だしてくださいね。

投稿: けいこ | 2009年2月 6日 (金) 04時01分

>けいこさん
ありがとうございます!!
そうですね。。。
「和」文化やテイストは海外でも(海外の方が?)人気があったりしますよ!
しかし海外でビジネスは成立たないのかもしれないです。
あるブローカーの方がこんなこと言ってました。
「外国人のブローカーは着物に対する評価はかなり高いが衣料品でなく芸術品、アートだと言ってビジネスにならないと言われる。。。」
もちろん、手作業で作られているということは伝統工芸品の大きな歌い文句なんですが、正絹、手作業となるとコストだけでもかなりかかりますからね・・・

草履は海外ではないのですか??
手作業で染められた生地を使ったカバンなどの小物類や、のれんなんかはあるんですけどね(^^ゞ

投稿: くるりん。 | 2009年2月 8日 (日) 00時29分

のれんもとっても素敵ですよね!
和のデザインって色づかいや図案がとってもキレがあって本当に素敵です。
お部屋のいいインテリアになるし私は大好きです!
こういうこちらにはないものは里帰りした時にまとめ買いです。
というのも私の住んでいる国は外国からのものには、商品代が約1万7千円を越えるとバカ高い税金が課されるのでね。
特に高いものは里帰りした時に買ってこっそり持ち込まないと。(ほんとはいけないのですが)
そうそう、草履はお店の方に問い合わせると送ってもらえるとのことでしたので、新しい草履手にすることができそうです!

投稿: けいこ | 2009年2月 8日 (日) 03時50分

のれん、いいですよね!
私も一つ作ろうかちょっと考えてます(^^ゞ
贅沢税みたいな感じですか??
草履はよかったですね♪
届くのが楽しみですね\(^o^)/

投稿: くるりん。 | 2009年2月 8日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小薔薇 | トップページ | 相変わらずですが・・・ »