« 退屈… | トップページ | 別注の帯 »

2008年6月11日 (水)

結城紬の名古屋帯・・・

納期が今月一杯ってことで今、作っているのが他社様の染め出しの結城紬の名古屋帯。
60本くらいあって丁度半分くらいできています。
8寸名古屋、とか、9寸名古屋とかって一体何が違うんだろ??
なんて思っていますが、基本的に太鼓の位置などは同じなんで、ポイント柄の場合はお太鼓と腹。そして全通はそのまま、という感じで染めています。
結城紬なんてめっちゃ贅沢な帯だと感心はしますが、生地は貼りにくいし、剥したら細かい糸くずが板にめっちゃ付くし(どんな紬でも板には付きますが)後の処理が結構大変bearing
しかも今回はしごきが大半なので「かえり」を気にしてポイント以外の場所にも結局柄をいくことになっています。
「かえり」というのは生地質にもよりますが、糸が返るのです。
シゴキの場合地色を糊で染めます。
よって引き染めなどのように裏まで染まったりしないで表面だけ染まります。
生地の表側の糸は染まっていても裏側は染まってない状態で、これらを仕立てた時、縫った場所などの糸が転がって染まってない部分が出て白くなってしまう状態のことをいいます。
仮絵羽して解いたら白くなってる。ってな苦情の大半はこれです。
問題視するほどのことでもないのにあ~だこ~だ言われます・・・

どうしても目立ちますから仕方ないですけどね・・・

|

« 退屈… | トップページ | 別注の帯 »

コメント

こんばんは、mixiにたくさん足跡残して、すみません〜。
キレイな染め物、見てるだけで幸せになります♪ほんとに、一本の帯、一枚の着物ができるまでに、細かい作業、手間暇がかかるんですね…、勉強になります。そして、大事にしなきゃっ〜て思います!
これからも、いいお仕事続けて下さいね!またお邪魔下さい〜♪

投稿: ayu | 2008年6月16日 (月) 22時17分

いえいえ、あちらは釣りのことばっかりですから・・・coldsweats01
まだまだ未熟ですが、よりよいもの作りができるように頑張らなければと思っていますsweat01
よろしくお願いいたしますcatface

投稿: くるりん。 | 2008年6月16日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退屈… | トップページ | 別注の帯 »