« やっと折り返し(>_<) | トップページ | その後は・・・ »

2008年5月19日 (月)

やっと終った・・・

土曜日にようやく「祇園祭」の柄が終りました。
長かった(>_<)

で、今日は社長の頼まれもののお仕事。
帯なんですが、生地は結城紬。
短いな~って思っていたら8寸名古屋だとか。

どんなだろ?よくわかりません(^^ゞ

シケ引きと紗擦りの帯ですが、こんな生地では紗なんて綺麗に下りないし、さらに染料はいらないしめっちゃ擦りにくく苦労しました。

浸透剤でかなりやりやすくなったものの、使う染料に応じた刷毛がそう都合よくあるわけでもなく・・・

祇園祭りの柄の時も生紬でかなり苦労したので、紬は懲り懲りですわ(>_<)

|

« やっと折り返し(>_<) | トップページ | その後は・・・ »

コメント

祇園祭の完成おめでとうございます!
細かい作業が長ければ長いほど思いも達成感もひとしおなのでしょうね(^^)

紬ってそうだったんですねぇ。
そんな事とは全然知らずに一番気軽に着れるのでいいなぁと思っていましたヨ。
今度からは職人さんのありがたみを感じながら着ようと思います。

ひとつのものを通していろんな方の思いを知る事ができるってすごく素敵なことですよね。

投稿: まつ | 2008年5月20日 (火) 06時46分

ありがとうございますnote
ほんとに長かった(>_<)
やれやれ、ですが、仕上がりに不満があり、当然怒られる原因もあるので、重たい気分のまんまです・・・

紬といっても色々ありますしねcoldsweats01
生紬は最悪でした・・・
以前染めた秦荘紬や大島紬はそれほど染めにくいとは思わなかったんですけどね・・・
経験が浅いのでそれほどたくさんの紬を見てきたわけではないですが、先に地色を染めたりしているものは油分も落ちてる感じなので未加工のものに比べると染めやすいです。今回も牛首は先に引き染めをしていたのでかなりマシだったと思います。
生紬も水洗とか先にしておけばよかったのかもしれないので次回、機会があれば水洗してもらうようお願いするつもりです(^^ゞ

投稿: くるりん。 | 2008年5月20日 (火) 22時56分

お疲れ様でした。
しばらく私もなんだかしらないけど
ドタバタしていました。
しばらくぶりにお訪ねしたら、
私の好きな祇園祭柄、
あらいいわぁ…と単純に思ったのですが、
たいへんだったんですねぇ。
先月京都で、染め工房さんに
お邪魔したのですが、型で染めようと、
手書きであろうと、とにかく
一枚の着物や一本の帯が仕上がるまでには、
とんでもない手間隙がかかるものだと、
改めて思い返しました。
お古の着物でも大切にしなきゃ…。
がんばってくださいっ!

投稿: とんぼ | 2008年5月21日 (水) 23時16分

お久しぶりですhappy01
ありがとうございますnote
祇園祭・・・
この柄は本当に大変です(>_<)
手描きでも型染めでも細かい柄だと非常に時間がかかりますね・・・
手作業ですしねsweat01

投稿: くるりん。 | 2008年5月22日 (木) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと折り返し(>_<) | トップページ | その後は・・・ »