« オランダ線 | トップページ | 昨日から板洗い »

2007年10月23日 (火)

※訂正 オランダ線

ちょっと大げさですが、少し誤りがあったので、訂正というか、付け足しがあります。

訂正 1

オランダ縞は唐桟織の柄の1種でした。
唐桟織の柄全てがオランダ縞と呼ばれるわけではないようです・・・

訂正 2

ある辞典に「平行した2本の界切りのうち、1本だけが織り幅に達しないものをオランダという・・・」
実際、手元にオランダ線がある生地がなく、このことは今はなんとも言えないのですが、オランダという・・・だけでオランダ線では語源は不明なままですよね(>_<)

しかし、唐桟織とか語源はこの辺から来ていることには間違いないと思うのですが・・・
もしかして「織らんだ」だったりして(笑)

|

« オランダ線 | トップページ | 昨日から板洗い »

コメント

織らんだ?(笑)だったりして(笑)
クチ伝えでめぐっていくうちに、いろいろ変わったのかもしれないですね。
二本のカイキリのうちひとつが短くてそっちをオランダ線という・・。そして、この二本の縞が、唐桟織の柄の一種の柄ににていたからオランダ線とよばれるようになった・・のかな??
もしかしてやっぱり、ハジまで線が織られていないから、「この線はハジまで織らんもんだ」=ハジまでオランダになったりして?!(笑)落語化してきました。・・なぞですね(笑)

投稿: 千sen | 2007年11月 6日 (火) 11時36分

ほんとに謎ですね(笑)
口伝えでだったら解明不能ですね(汗)
先日まで松茸狩りにお供していたのですが、「ズボ」と呼ばれる食べられるキノコがありまして、実際なんて名前のキノコか調べたら正式名はショウネンジ。
地方名や幼菌を「コムソウ」「ボウズ」なんて呼ばれてることがわかりました。
では何故ズボ?って考えた時、「ボウズ」を逆に読んだのかな?
「ボウズボウズボウズボウ・・・」
「ズボ」ばんざ~い!!(笑)

ほんとのところよくわかりません(^^ゞ

投稿: くるりん。 | 2007年11月 6日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オランダ線 | トップページ | 昨日から板洗い »