« 職人言葉~その②~ | トップページ | 会社見学~その②~ »

2007年3月 1日 (木)

帯が一段落

帯が一段落

疋田格子の更紗風袋帯です。明日蒸しから戻ってきます。かなり気に入ってます!この更紗風の柄は型23枚で地色も刷りで入ります。花と地色は3枚けし(3枚同色で刷り柄になる型の彫り)で、かなり古い型なんですが、だからなのか手描き風の風合いを求めた型の彫りになってる感じがします。

帯が一段落

3枚けしの花の部分です。糸目に頼らず色の濃淡で花の輪郭を表現してあります。実物は手作りの型、手作業の染めの温かみや素朴さがあってすごくいいですよ!ただ重いのでしばらく作りたくないですが…(^^ゞ

|

« 職人言葉~その②~ | トップページ | 会社見学~その②~ »

コメント

これ、いいっ!ステキ!ほしー!
染め帯はほんと少ないですしねぇ。
これは「ゆり?」かな。
もっと大きく見たいですー。
型紙23枚…くわしいことはわからんでも
その数聞いただけで、
たいへんな作業であることくらいは
私でもわかります。
そうやって「美しいもの」はできるのですね

投稿: とんぼ | 2007年3月 1日 (木) 22時30分

ユリかどうかはちょっとわかりません・・・
大きなユリの柄を見慣れているからなのか、まったく考えなかったです。
染め帯は少ないですね。
織りの方がコストがかからないんですよ。
その割りにかなり良く見えるからではないでしょうか??
染め帯はコストの割には良く見えなくて、コストに見合ったあがりの商品を作るのはなかなか難しいです・・・

投稿: くるりん。 | 2007年3月 2日 (金) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 職人言葉~その②~ | トップページ | 会社見学~その②~ »