« クロス | トップページ | 帯が一段落 »

2007年2月23日 (金)

職人言葉~その②~

「受け取り」と言われる職人さんが月末によく言われます。
「温飯(ぬくめし)」「冷や飯(ひやめし)」
完全歩合なので当然水揚げ次第で給料が変わります。
月末絞めの我が社の場合、月末間近に生地を渡されたり貼っていたりした場合、この生地の水揚げをどちらの月に回すかってことです。給料になる仕事を温飯、来月回し、先月に請求してしまってその月にお金にならない仕事を冷や飯といいます。ワザと冷や飯の部分を作り盆休みや正月休み、またGWなど大型の連休があり水揚げが少ない月に回したりする職人さんもいたみたいです。しかし大半はその月に出費が多く、苦しくなった際、多めに欲しいがため冷や飯が翌月に回り自転車操業みたいに苦しくなる方が大半だったらしいですが・・・
月給の私は使うことはない言葉です。

|

« クロス | トップページ | 帯が一段落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロス | トップページ | 帯が一段落 »