« 2006年11月16日 | トップページ | 2006年11月29日 »

2006年11月21日 (火)

一体何者!?

最近K弁護士という方が言いたい放題言うていますね。
「たけうち」を倒産に追い込み正義の味方面している方です。
テレビに出演してあ~だこ~だ言いたい放題。
着物が嫌いなだけで好き勝手していますが皆さんはどう思われているのでしょうか??
私の個人的な意見ですが書かせてもらいます。
強引な商法が原因で販売不振になり倒産した「たけうち」
確かに問題はたけうちにあったかもしれません。
しかし、前にも書いたように展示会=販売会です。
訪問販売で強引に売ってるわけではありません。
買う気がない方は来なければよいのです。
目当ての物がなければ買わずに帰ればよいのです。
いい大人なんだから嫌なら判子を押さなければよいのです。
自分の意思が弱いだけなのに買わされたなんて勝手過ぎです。
買わされたとか言う方に自分が一生懸命作ってるものを手にして欲しくありません。
前にテレビでこんなコメントが流れてました。
「店員に持ち上げられ家族のように仲良くなっていい気分になり買わされた」
これって買わされたっていうんでしょうか?
買う気がないなら何故わざわざ展示会場に足を運ぶんでしょう?
それにチヤホヤされることが楽しくて喜んで買っていかれる方も多数いらっしゃいます。
デパートなどでも洋服売り場では店員があれこれ進めてきます。
ホストクラブでは女性を持ち上げてボトルなどを入れてもらえるようにします。
なぜ着物の販売で同様のことをしたらこれだけ叩かれるのでしょうか?
世の中に着物など必要ないとおっしゃてるK弁護士。
私の憶測でしかないですが、お客様をそそのかし無理矢理被害者に吊るし上げているように思います。お客様もK氏に利用されているだけではないですか??
彼の次のターゲットの会社があります。そこが潰されると連鎖で潰れるところも判っています。そして彼は問屋や小売屋だけでなくメーカーそのものを潰したいようです。
ふざけるな!!って感じです。
彼は数名の強引に買わされたという被害者を救ったつもりでしょうが、従業員5000人のたけうちの社員、そしてその家族を地獄に叩き落しているのです。
連鎖倒産した「次田」の従業員をもどん底に叩き落して、さらに作家、染色屋、生地屋、刷毛屋、染料屋・・・かなり追い込まれた経営状態に追い込んでるのも事実です。
K氏に「たけうち」の従業員やその家族、そして連鎖倒産した「次田」の従業員、そしてその影響を受けた自営業や個人商店、その他影響を受けた人々の生活はどう保障してもらえるんでしょうね??そしてまた路頭に迷う多数の従業員達を作ろうとしています。彼は着物など必要ないとおっしゃってますが、友禅染の文化も根絶したいのでしょうか?でも私を殺さない限り絶対になくなりませんよ。
テレビなどのメディアはK弁護士の雄弁と着物業者=悪徳業者ということしか言ってくれません。
私の意見にも賛否両論あると思いますが、本音で書いてみました。
このサイトを閲覧される方は少なからず着物に興味のある方だと思っています。
周りに惑わされず自分の確かな目で物事を判断されることを期待しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年11月16日 | トップページ | 2006年11月29日 »