« 嫌なタイプの生地… | トップページ | 吉原雀 »

2006年10月27日 (金)

誂え

今日は「誂え」の生地を染めてました。以前紹介したテントウムシの柄です。「誂え」は、言わば持ち込みみたいな感じです。と言うのも、友禅の組合が出しているカタログの様な本があり、組合に入ってる各染め屋が数点選んで載せてます。それを見たお客さまが作ってほしいと注文されます。しかし生地はお客さまが持ち込みます。新品の生地の場合もあれば、何度も染めては反物にして色を抜いた古生地の場合もあります。今回は新しい生地だったのでやりやすくてよかったです。古生地は大事にされてるなーって思うんですが、汚したり失敗したら弁償しなければならなくなります。たち悪い場合、問題ないのにクレームきたりします。すんげー高い生地とかもあるので自社製品制作の何倍も気をつかいます。失敗は許されないので…

|

« 嫌なタイプの生地… | トップページ | 吉原雀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68573/3974866

この記事へのトラックバック一覧です: 誂え:

« 嫌なタイプの生地… | トップページ | 吉原雀 »