« 余波… | トップページ | 着尺のせきだし »

2006年9月13日 (水)

金彩の帯

金彩の帯

先日まで金彩の帯を作ってました。友禅に使う金は樹脂系の糊をおくか金箔をシンナーなどで張り付けていくかのどちらかです。今回のは糊置きで、引き染をした帯に様々な取り型をとり柄をはめていくってな感じです。メリットは見栄えがいい。豪華な感じがする。加工が少ない。デメリットは、色数が少ない。糊が樹脂なので、剥がれたりすることです。もちろんそれをきっちり説明し納得してくれた方に買ってもらうわけですが… それでもトラブルが多くなるので実はこのような加工は敬遠されがちです。我が社では今回初の試みで、多少剥がれても目立たないようなことも考えながら作ってみました。色数も少ないし良く見せるのはなかなか難しいです。

|

« 余波… | トップページ | 着尺のせきだし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68573/3427994

この記事へのトラックバック一覧です: 金彩の帯:

« 余波… | トップページ | 着尺のせきだし »