« 紗刷り | トップページ | 剣先入れ… »

2006年4月16日 (日)

道具紹介~その⑩~

道具紹介です。Nec_0022

こちらは「志毛(シケ)刷毛」です。

型染め友禅とはちょっと離れますが、一応紹介しておきます(汗)

「志し」と「毛」で「シケ」、つまり志しが真っ直ぐでないと、真っ直ぐな線が引けないんですね!なんてホントかはわかりませんがうまいこと言うたもんです(笑)

こちらは友禅の丸刷毛と違い、刷毛足を出しつつ真っ直ぐな線で表現します。前に載せた矢絣の写真を見ていただければわかります。あれで3色使ってます。

こちらはスクリーン印刷をするような長い板に「スケール」と呼ばれる金具を使い線を引いていきます。汁持ちや、写真を見ていただければわかりますが刷毛のくくり具合で出来が変わってくる非常に繊細な仕事です。刷毛のくくり具合ですべてが決まるって言っても過言ではないでしょう。

長い板には両面テープが貼ってあり、それに生地を貼り付ける方法をとります。このテープにゴミがくっ付いていたらそれがキッチリ出てしまいます(-_-;)髪の毛ですら生地の下に潜り込むと厄介です。

そして刷毛足が命なんでこのように保管されています。

Nec_0023

友禅で使う刷毛もそうなんですが、染料が毛に染み込んでしまうので使う色だけ刷毛も必要になります。使い込めば当然毛は減るので消耗品です。新しい刷毛と古い刷毛で染料の付き方も変わってきます。

同じように作り同じように染めて、同じ柄でも完全に同じ物は作れないものなんです。

それがきっといいんですけどね!

|

« 紗刷り | トップページ | 剣先入れ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68573/1432928

この記事へのトラックバック一覧です: 道具紹介~その⑩~:

« 紗刷り | トップページ | 剣先入れ… »