« 2006年4月20日 | トップページ | 2006年4月22日 »

2006年4月21日 (金)

型洗い場・・・

Nec_0026 使用した型は当然洗わなければなりません。

ということでこんな感じになってます。

めっちゃ手作りっぽいんですがどこの工場でもこんな感じで、型が十分に貼れるスペースの平面の板にシャワーのように水が出るようにしてある細い管、そして水を貯めることができる型船。

ゴムの染料を使うところではもう1台洗い場があり、水では染料が落ちないため灯油で洗います。

型は型友禅にとって命です。きれいにしておかないと仕事に差し支えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客様・・・

Nec_0032_1 朝一から18名もの得意先の方々が来られました。

東京から来られて商品がどうやってできていくのかってな説明と実際に志毛引きと型染めの糊置きの体験をしていかれました。

午後からはまた別の得意先の方々5名がきて、2名の新入社員の研修の合間に寄っていかれたようで、様々な説明を熱心に聞いておられました。

先週も埼玉から得意先の方2名とお客様3名が来られて体験していかれました。

どの方も貴重な経験をされたんではないしょうか??

売り手も買い手も、着物がどのようにしてできていくのか実際に見て知ってる方はそれほどいらっしゃらないんで良かったと思います。着物といえば高額なイメージがあり、仲介業者がたくさん取ってると思われています。実際間違ってはいないんですが、それ以前にこれだけの技術、手間がかかっていることを実際自分の目で見ることにより体験することによって少しでも理解してもらえる貴重な時間だと思っています。売り手の方はどのようにして作られているか、熱心にお客様に伝えれるようになるし、実際購入されたお客様は自分の持ってる着物や帯が作られていく過程を見て、体験することによって、より愛着を感じていただけるんではないでしょうか?

今日は午前中、指導、雑用などで潰れ、仕上げてしまわないといけない仕事が大幅に遅れて残業してました(>_<)でも、お客様が来ることに対しては賛成で、文化、伝統産業に触れられる機会があって、喜んでいただけるのはすごくこの業界にとっていいことだと思っています。でもあまり頻繁にこられると仕事にならないんでほどほどでって感じです(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月20日 | トップページ | 2006年4月22日 »